電気料金でコスト削減できる電子ブレーカーの選び方を紹介

電子ブレーカーの失敗しない選び方TOP » 電子ブレーカーのおすすめメーカー一覧 » ジェルシステム

ジェルシステム

電子ブレーカーを取り扱っているメーカー「ジェルシステム」について、会社の概要や商品の性能などを解説していきます。

ESCO事業を積極的に導入

ジェルシステムの電子ブレーカー

電子ブレーカーを取り扱っているジェルシステムは、民間企業の省エネルギーをサポートするESCO事業をメインに運営しているメーカーです。

ESCO事業とは、Energy Service Companyの略称です。改修工事などの際に、省エネルギー量を保証し、削減の実績を報酬とするビジネスのことです。今までの環境を損なうことなく、省エネルギーを実現するため、地球環境の保護や保全に大きく貢献している事業であるとも言えます。

ジェルシステムでは、ESCO事業をおこなうにあたって、きめ細かいカウンセリングや診断のもとに進めていきます。

まずは、エネルギーの使用状況や管理の状態などから、建物に関する診断を実施。

その後、正確なデータを出して、それに基づいたプランや電子ブレーカーなどの導入を提案していきます。また、コストはどれくらいで、それに対してどのような結果が出るかも予測します。

その後、より詳細なデータを得て、省エネ改修の現実的なプランニングをしていくそうです。その際、一方的に提案をするのではなく、利用者の希望もプランに反映させていきます。

利用者がその内容に納得したら、契約をして、実際に施工をしていくという流れです。

電子ブレーカーのメーカーの中には、突然訪問してきて、適当な計測や説明だけで、無理やり電子ブレーカーを売りつけようとする悪徳業者もいます。
しかし、ジェルシステム場合は、綿密な調査と計画の上で、利用者とのコミュニケーションをはかりながら、導入を進めていきます。信頼できるメーカーだと言えるでしょう。

電子ブレーカー「ジェルコントロールシステム」の特徴

ジェルシステムで取り扱っている電子ブレーカーは、「ジェルコントロールシステム」という商品で、最大電力消費の監視や制御ができます。

この電子ブレーカーには、従来のものとは大きく異なるポイントがあります。それは、最適最小定格電流の設定が可能な点。
これにより、低圧電力の契約が、主開閉器契約というものになります。今までの商品では、不可設備契約だったため、この変更により、電気基本料金の大幅な削減が可能になったのです。

そんなジェルコントロールシステムですが、品質に関しても信頼できそうです。
電気安全環境研究所による適合性検査に合格しており、電気用品安全法に沿ったものとして、PSEマークを取得済み。また、自社工場である、ジェルシステム白河工場も、ISO9001:2008(品質)・ISO14005(環境)を取得しています。

保証に関しても、産物賠償責任保険(PL保険)生に加入しています。上限額はありますが、1億円までの保証が可能だとのことです。

性能に関しては、従来品よりも優れているジェルコントロールシステムですが、違法性がない点や保障に関する情報もオープンになっているので、信頼性が高い電子ブレーカーの1つだと思います。

ジェルシステムの会社情報

  • 所在地:東京都千代田区九段南4-2-11 アビスタ市ヶ谷ビル8F
  • 製造拠点:福島県西白河郡泉崎村大字踏瀬字池ノ入山14-1(自社製造)
  • 設立:1972年5月
  • JET認証:取得済み(株式会社ジェルシステム)

light電子ブレーカーをメーカー別に比較>>

 
ページの先頭へ
電子ブレーカーの失敗しない選び方