電気料金でコスト削減できる電子ブレーカーの選び方を紹介

電子ブレーカーの失敗しない選び方TOP » 元販売員が語る役に立つ基礎知識 » どんな仕組みか

どんな仕組みか

ブレーカーとは何かと聞かれると、「うまく説明できない」と言う方もいらっしゃるのではないでしょうか。同じ部屋で同じ時間に一気に電気を使うと「あっ、ブレーカーが落ちた!」という、あれです。

ブレーカーの仕組みについて

「あぁ、思い出した!」という方に1つ質問です。「電子」ブレーカーをご存じでしょうか?

一般家庭にある電子ブレーカーなのかな?と思う方もいらっしゃいますよね。でも、それは違います。このページでは、電子ブレーカーが、普通のブレーカーよりも「お得」であることをご紹介したいと思います。

まずは、ブレーカーは何のためにあるのか説明しましょう。契約の容量以上に電流が流れると、電気設備に悪影響を及ぼす可能性があります。それを保護するため、契約容量を超えると、電気を遮断して設備を保護するのがブレーカーです。「契約の容量以上に」と書きましたが、これは電力会社が勝手に決めているのではなく、「ある一定の電流が流れたら、ある時間以内に遮断する」という基準がJIS規格で決められています。

皆さんは、一般家庭に備えられている普通のブレーカーが、電流を計測しているとお考えではないでしょうか。実は、熱伝導遮断型といって「過電流発生熱」を感知して遮断しています。感知しているのは「電気」ではなく、「熱」なんです。

電子ブレーカーがお得なワケ

電子ブレーカーとは、「熱」ではなく「電流値」を計測して遮断します。電流値はデジタル数値ですので、ブレーカーの動作をコンピューターで処理できます。正確に電流値を計測するので、JIS規格の許容範囲最大まで電流を使用できたり、最低限の電気容量で契約して賢く電気を使えます。

お得な理由は、この「最低限の電気容量で契約」にあります。通常、「負荷設備契約」といって「最大実測電流値に合わせた契約」となり、基本料金が上がってしまいます。

一方、電子ブレーカーは「主開閉器契約」となり、「失速電流値の平均値に設定できる」ので、契約容量を減らすことができ、基本料金を節約することができるのです。さらに、無駄な電流を使わないように力率も管理できることで、基本料金割引も適用されます。

ケースによっては年間20万円以上も経費を削減できることもありますので、電子ブレーカーの採用をおすすめします。

 
ページの先頭へ
電子ブレーカーの失敗しない選び方