電気料金でコスト削減できる電子ブレーカーの選び方を紹介

電子ブレーカーの失敗しない選び方TOP » 元販売員が語る役に立つ基礎知識 » 悪徳業者の見分け方

悪徳業者の見分け方

電子ブレーカーの業者の中にも、やはり悪徳業者もいまして、インターネットで検索していてもその評判を見ることができると思います。

ここではその手口のいくつかについて触れてみたいと思います。

注意すべき悪徳業者の手口

まず、「選び方」のページでも簡単に触れましたが、例えば電力会社の名前を使って電子ブレーカーの営業をかけてくる会社は、疑ってかかりましょう。

自社の名前を使わずに営業をかけてくるということは、その時点で自分を騙そうとしていると感じても良いと思いますし、後ろ暗いところがあったり、製品に自信がなかったりと色々な理由があるはずです。これが悪徳業者を見分けるポイントの一つ目です。

続いて、リース契約を無理に勧めてくる業者も怪しいですよ。ただし、リース契約が全部怪しいわけではありません。「無理やり、強引に、いつの間にか」というのがキーワードです。

例えば、こんなケースがありました。リース契約を結ぶと設備工事費用を無料にする見返りに、削減できたコストの50%を毎月マージンとして取られるような契約…。よく考えてみましょう。例えば、年間20万円削減できたとして、10万円マージンを取られるのですよね。設備工事費用の見積もりをもらって比べてみてください。お得な契約ではありませんよね?

電子ブレーカーがない場合の電気料金が分かるはずもないのに、「削減できたコストの50%」というような曖昧なことを言ってますし、このようなケースは、まず疑って間違いないでしょう。

口座番号と印鑑は契約内容を確認してから

他にも、「月々の電気料金を引き落とすために口座番号と印鑑をください」と最初から言われるパターンなどもあるようですが、これは危険ですよ。電子ブレーカーにトラブルがあって取り外した後、解約したいことを伝えると、知らないうちにリース契約となっていて「解約できない!」といわれたケースもあるようです。

このトラブル自体もひどくて、契約前の調査は電気料金を見た程度で、工事に来た人は覚束ない手つきで、電子ブレーカーを設置していったそうです。どのくらいの電流が必要か分からずに設置しているのです!不安に思っていたら、電子ブレーカーが火を噴いたということ…。

とにかく、契約前でも、契約時点でも、工事している時でも、不安に思ったらすぐに質問したり、知人や電力会社に相談したりすることをお奨めします。安易に契約しないようにしましょうね。

 
ページの先頭へ
電子ブレーカーの失敗しない選び方