電気料金でコスト削減できる電子ブレーカーの選び方を紹介

電子ブレーカーの失敗しない選び方TOP » 元販売員が語る役に立つ基礎知識 » 選び方

選び方

ここでは、電子ブレーカーの選び方についてまとめています。

ポイントとしては、やはり電流値をデジタル処理するのですから、CPU(処理能力)の性能がとても重要になります。と、言ってみたものの、実際のところ「CPU内蔵の電子ブレーカー」とうたっているブレーカーでも、パソコンのスペック表のようなものは、存在しません。

高性能CPU電子ブレーカーの見分け方

私は以前、電子ブレーカー販売の仕事をしていました。その経験から得た、信頼できる企業の電子ブレーカーのCPU性能については、「メーカー別電子ブレーカーランキング」のページで紹介していますので、そちらをご参照ください。このページでは、それ以外の重要なポイントを整理しておきます。

まずは、「自社工場で作っているかどうか」をチェックしましょう。CPUは、電力と電圧を計測して、「無効電力」という無駄な電力を制御するためにあります。高性能なCPUであれば、電力をより有効活用してくれるということになりますが、そういったものを町工場で作るには、限界があります。

すべての町工場を否定するわけではありませんが、制度の低いCPUの電子ブレーカーを選んでしまわないためにも、自社工場を持っているかどうかという基準は大切なのです。

アフターフォローを考えて信頼できる会社を選ぶ

次のポイントとして、「安定しているメーカー」を選びましょう。ちょっとだけ使用するという程度の商品を購入するのではなくて、長い期間、節約するためのものです。途中でなくなってしまうようなメーカーですと心配ですよね。

安定した企業という以外にも、「安心の保障」をしてくれることはとても大切です。自分で修理できるわけでもありませんから、「保険や保守契約がしっかりしていて、商品の保障期間が長い」ことも大切なポイントだと思います。

最後に、「担当の人間の人柄」も見ておきましょう。えっ、そんなポイント?と思うかもしれませんが、様々なメーカーが販売しようと必死です。その結果、「売って終わり」という姿勢の会社も少なくないのが現状なのです…。

後、例えば「○○電力の者ですがただいまブレーカーのチェックをしております」といった感じで、自社の社名を名乗らない社員のいるような会社は、微妙ですよね。社員が自分の会社や商品に自信を持っているのであれば、このようなことはしないと思います。

しっかりした社員のいる会社であれば、保守契約など安心して結ぶことができますし、自信を持って接客ができているということは、社員教育が行き届いているかどうかという目安にもなるでしょう。信頼できる会社と契約を結びたいものですね。

 
ページの先頭へ
電子ブレーカーの失敗しない選び方