電気料金でコスト削減できる電子ブレーカーの選び方を紹介

電子ブレーカーの失敗しない選び方TOP » 元販売員が語る役に立つ基礎知識 » 料金やメンテナンスについて

料金やメンテナンスについて

ここでは、料金やメンテナンスについてまとめてみたいと思います。一番重要なポイントですよね。電子ブレーカーを利用するには、他の業務機器と同様に買取とリースという方法があります。

買取とリースの違い

買取とは、説明する必要はないかもしれませんが、その名のとおり商品代金を支払って、電子ブレーカーを所有することです。一方、リースは、ある企業(ここでは電子ブレーカーを取り扱っている企業)から一定期間、電子ブレーカーを「借りる」ことにより電子ブレーカーを利用することになります。

ちなみに、借りるということは、レンタルでは?リースとレンタルって何が違うの?と疑問を持つ方もいるかもしれませんね。リースとレンタルとの違いは、新品かどうかの違いとなります。リースは、新品を用意してそれを提供してくれますが、レンタルでは、元々所有していたものを提供する形になります。

買取とリース、どのくらいお得?

そこで、実際に買取とリースでは、どちらが得であるかということを計算してみたいと思います。すべて税抜きで計算しています。

買取の場合、電子ブレーカーの単価は、各社概ね「500,000円」程度です。これにプラスして初期費用として取り付けの工事費などが発生します。

一方、契約期間7年ででリースした場合の費用を計算してみると、月額8,000円だった場合、月額8,000円×12ヶ月×7年間=「672,000円」となります。やはり買取に比べるとリースの方が値段が高くなります。

ただし、例えば、1年間に200,000円コスト削減できた場合、リース期間の7年間で200,000円×7年=「1,400,000円」もの金額をコスト削減できるのですから、リースにしてもお得であることに変わりはありません。

「買取とリースを検討する基準」としては、導入時の資金計画などで判断すると良いでしょう。リースの場合は、初期費用もサービスしてくることが多いようですので、導入時点であまり「資金に余裕がない場合はリース」を選択すると良いと思いますし、予算が余っていてさらに「コストを最大限に削減するのであれば買取」が良いと思います。

メンテナンスについては、普通のブレーカーを設置した後、そのままでも問題がないのと同様に、電子ブレーカーもほとんど必要ありません。

でも、何となく不安で何かあったときの対応を考えておきたいという場合は、例えばジェルシステムさんなどは自社工場で製造していますので、対応も早いでしょうし、他の製品も作っている関係からフォロー専門のスタッフもいるようですので、そういうメーカーを選ぶと安心でしょう。できるだけベストな選択で、コスト削減してくださいね。

ランキングページで電子ブレーカー会社をチェック→★

 
ページの先頭へ
電子ブレーカーの失敗しない選び方