電気料金でコスト削減できる電子ブレーカーの選び方を紹介

電子ブレーカーの失敗しない選び方TOP » 電子ブレーカーに関するQ&A

電子ブレーカーに関するQ&A

このページでは電子ブレーカーに関する一般的な質問とその答えを紹介しています。

電子ブレーカーに関する疑問を解消!

電子ブレーカーを利用して、賢く電気代を節約したいと考えている人のためによくある質問を集めました。ぜひ参考にしてみてください。

Q1.電子ブレーカーは故障しないのですか?

通常、ブレーカーは非常に故障の少ないつくりになっているので、15年以上使うのが一般的です。

寿命がきた場合にも、電子部品は本来のブレーカー容量を小さくする機能ですので電流は流れます。使用されている電子部品は、パソコンのような精密部品ではなく、ごくシンプルな性能機能です。

経年劣化で正常に動作しなくなったときは、本体ごと取り替えるのではなくパーツ交換することも可能です。

Q2.故障した場合の費用はどのくらいですか?

使用10年以内の場合、目安として5 ~10万円くらい必要になります。15年以上の場合は、経年劣化の可能性もあるので買い替えを検討した方がよいかもしれません。

ただし、使用状況や設置場所によって耐用年数は異なる場合があります。

Q3.通常のブレーカーでも削減できますか?

ブレーカーでも削減はできますが、通常ブレーカーは設置環境や外気温などにより性能通りの機能を発揮できる保障はありません。

電子ブレーカーと通常のブレーカーとでは、信頼度と削減可能な電気料金が全然違います。

Q4.今後数年したら、電子ブレーカーはもっと安くなるのではないですか?

一般的に、普及が進むにつれて製品価格は安くなる傾向があります。

ですが、現在の電気料金の削減を考えているのならば、導入を先延ばしするとその分基本料金を無駄に払うことになってしまいます。

その間にいくらの電気料金の削減が可能かを考え、導入を検討することをオススメします。

Q5.過電流によってモーターが損傷をうけませんか?

電子ブレーカーを導入しても、現段階でポンプやエレベーターなどについている子ブレーカーはそのまま備え付けにしておき、電子ブレーカーを導入する前と同じ状況にしておきます。

もしモーターに問題があるときには、先にその子ブレーカーが遮断されますので、万一の事態でも心配はありません。

Q6.保守点検はどのようになっているのですか?

一般的に、ブレーカーに保守点検は必要がありません。

管理会社の方としては、配電盤関係は1年に1度の目視点検を行い、問題があった場合には修理の手配をします。

このことは電子ブレーカーについても同様ですので、安心して使うことができます。

 
ページの先頭へ
電子ブレーカーの失敗しない選び方