電気料金でコスト削減できる電子ブレーカーの選び方を紹介

電子ブレーカーの失敗しない選び方TOP » 省エネでコスト削減 » 太陽電池の導入

太陽電池の導入

電池で省エネといえば、「太陽」と連想できるくらいメジャーになっている太陽電池。電車の中から戸建ての屋根を見ていると時々見かけますよね。

地球に優しいクリーンエネルギーを活用

そもそも太陽電池とは何かというと、太陽の光から電気を作るための電池です。よく見るように屋根に太陽電池を設置して太陽の光を吸収します。その光を利用して発電するのです。

地球の温暖化対策のために温室効果ガス(二酸化炭素など)を削減する方向で、国際的に動いていますが、太陽電池による発電では、二酸化炭素や排気ガスを出さないため、環境にやさしいエネルギーと言われています。

そんなに良いものなら、すべての家庭に導入されていなかったり、発電所がなかったりするのは変ですよね?その理由は、以下のとおりです。太陽の出ていない夜間や雨、曇りの日には、当然太陽の光が少なくなりますから、発電量が落ちてしまいますし、さらに電池の発電効率がまだまだ悪いため、広い場所がなければ十分に発電できません。また、広い場所があっても、太陽電池のコストの高さが障害になります。

デメリットを十分に補えるシステム

とはいえ、それらのデメリットを補うことができ、しかもお得な仕組みができているため、家庭での太陽光発電が導入されています。まず、太陽電池の導入によるメリットとしては、やはり電気料金の節約になることです。年間で45%近く削減できるそうです。さらに、家庭ではオール電化にすることで、ガス料金もかからなくなりますから、光熱費が大きく削減できることになります。トータルで80%近くも安くなるとか。すごいですね。

さらに、発電量が少なくなる時間帯には、電力会社から通常通り電気を購入できるようになっていますし、逆に夏の日のたくさん照っている日などは、電気が余ってしまいますから、その電気を電力会社に売ることができます。デメリットにより不便にならなくて、しかも損をしないシステムが出来上がっているのですね。

また、地震や台風が起きて停電になっても、太陽さえ照っていれば、発電された電気を使うことができるのも大きなメリットと言えるでしょう。

太陽電池自体のコストが高くても、長期的に見れば元を取れるでしょうし、何といっても地球に優しいエネルギーですから、使わない手はないですよね。

 
ページの先頭へ
電子ブレーカーの失敗しない選び方