電気料金でコスト削減できる電子ブレーカーの選び方を紹介

電子ブレーカーの失敗しない選び方TOP » 省エネでコスト削減 » 断熱窓でコストカット

断熱窓でコストカット

新築の家を建てるときやリフォームするときに、省エネのために気にしたいものとして、「窓と壁による断熱」があります。

例えば、熱を少しでも遮断することで、例えば冬にエアコンをあまり使わずに過ごせるとすれば、かなりの省エネですよね。これは、事務所などでエアコンの無駄遣いをなくそうと取り組んでいる場合にももちろん有効です。

断熱窓の省エネ効果

まずは、窓から見ていきましょう。建物の中で熱の出入りが激しい場所が、この窓とドアになります。何となく分かりますよね。空気の入れ替えで気温が大きく変化します。

ただ、窓の開閉によるものだけでなく、窓やドアを締め切っていても熱は、これらの場所から出入りしています。例として新築戸建ての建物全体で見てみると、冬は約48%、夏は約71%もの熱がこのドアと窓から入ったり出たりしているそうです。

そこで、断熱窓を利用するのですが、意外に部屋の中からの熱を外に逃がさないイメージだけを持つ人も多いようです。しかし、外に熱が逃げないのだから、当然「外からの熱も遮断」してくれます。冬には部屋を暖かく、夏には外からの熱を遮断して部屋を涼しくキープしてくれるのです。冬には、さらに外の冷気も押さえてくれますから効果を大きく実感できると思いますよ。

壁の断熱について

続いて、壁の断熱ですが、外断熱というものが近年注目されています。従来は、内断熱といって、建物の柱と柱の間に断熱材を取り付け、断熱するものでした。注目されている外断熱とは、柱の外側に断熱材を張る方法になります。

外断熱が注目を集めている理由は、機密性の高さにあります。外側に断熱材を張り巡らせるので、切れ目なく建物全体を断熱できるのです。これにより熱を遮断させる効果だけでなく、壁の中での結露も起こりにくくなります。建物が湿気からも保護されている感じですね。

窓と壁の断熱は、室内の温度を比較的一定に保ってくれます。ということは体にも優しい建物になりますよね。さらに、建物全体を断熱することによる冷暖房によるコストの削減は大きな魅力ですので、おすすめですよ。

 
ページの先頭へ
電子ブレーカーの失敗しない選び方