電気料金でコスト削減できる電子ブレーカーの選び方を紹介

電子ブレーカーの失敗しない選び方TOP » 省エネでコスト削減 » 冷暖房の温度

冷暖房の温度

「断熱窓でコストカット」のページでは、冷暖房をあまり利用せずにコスト削減できると書きました。季節的に必ず冷暖房をずっと稼動させなければ、つらい時期もありますよね。そこで、このページでは、冷暖房の温度設定による省エネについて検証していきたいと思います。

たったの1℃で電気代50万円削減!

ここでは、実際の工場において空調の設定を1℃下げた場合の計算をしてみます。消費電力のあがる夏場の6月から9月の4ヶ月間、空調の設定温度を26度から27度に上げた場合を見てみましょう。4ヶ月の空調による電力使用量は月に100,000kWh、1度下げることによる電力消費の削減率を10%として計算しましょう。

「年間の電力消費の削減量:空調電力使用量 100,000(kWh/月)×4ヶ月/年×電力消費の削減率10%=40,000kWh」

ということで、夏の間だけでもこのように設定温度を1℃下げさえすれば、「年間で40,000kWhの電力削減ができる」のです。かなりの省エネですよね。さらに、1kWh=14円とすると、40,000kWh×14円=560,000円。実に56万円の電気代が節約できるのです。これは大きいですよね。

省エネと地球の温暖化対策にも貢献

ちなみに、他にもこの電力を発電するための原油をどれだけ削減できたか、CO2の削減量はどのくらいかといったことも調べることもできます。

  • 年間の原油換算削減量:40,000kWh×0.525=21,000kL
  • 年間のCO2削減量:40,000kWh×0.555=22,200t-CO2

(CO2削減量の計算における0.555は、各電力会社によって異なります)

これらの数字を見ていかがでしょうか?たった1度、冷暖房の温度を上げたり下げたりするだけで、コスト削減だけでなく、省エネや地球の温暖化対策にもこれだけの効果がでるのですから、温度調節しない手はないですよね!

 
ページの先頭へ
電子ブレーカーの失敗しない選び方